デイサービスについて教えます

お泊まりデイは夜勤がある特徴的なデイサービス

【オススメ記事】デイケアとは?

夜勤も発生するお泊りデイ

Pocket
LINEで送る

お泊まりデイって?

お泊まりデイはデイサービスの中でも宿泊サービスの付いているデイサービスのことを指します。基本的にデイサービスは日中の時間に利用者を送迎して利用してもらう介護施設ですが、お泊まりデイは夜間にも利用者が宿泊できるサービスを提供していて、ひとりで家にいることが不安な高齢者などに利用されています。つまりお泊まりデイで働く人の目線から考えると、基本的には夜勤のないデイサービスの中で唯一夜勤があるデイサービスになるということです。

お泊まりデイって?

お泊まりデイの特徴

先ほども説明した通り、お泊まりデイの最大の特徴は夜勤があるということです。現在様々あるデイサービスの中でも唯一夜勤のあるデイサービスなので、グループホームや特別養護老人ホームと同様に夕方から翌朝までの勤務帯があります。
日中の仕事内容は他のデイサービスとほとんど変わらない仕事内容となりますが、お泊まりデイの夜勤は他の宿泊型介護施設とは少し仕事内容が異なります。2015年に出された厚生労働省からの指針によって基準が定められ、そのなかでも宿泊時の利用者定員は9名とされているので、大規模施設と比べて夜間の利用者の数が少なくなるんです。
これによってどのような影響があるかというと、夜勤の従業員の数がそれだけ減るということです。他の宿泊型介護施設とは違い、定期的な巡回やオムツ交換の仕事等もなく、利用者が少ない分従業員ひとりあたりの負担は他施設に比べて軽くなりますが、夜間に1人から2人だけで働くということで緊急時の対応や応急処置などが求められる場面に遭遇する可能性があります。

勤務形態による違い

ここまでの説明を簡単にまとめますと、お泊まりデイは夜勤があるということ。そしてその夜勤は他の宿泊型介護施設と比べると、人員の関係等で少し異なる仕事内容となること。以上の2点となることがおわかりいただけたかと思います。ではアルバイトに1人だけで夜勤を任せることができるのかという疑問が出てきませんか?
この疑問についての回答は「NO」です。施設の立場から考えて、夜間に何かあった場合にアルバイトに責任をとってもらうことはできませんよね。そのため、必ず正社員が夜勤を担当します。まれに、施設によってはアルバイトと正社員1名ずつという人員配置になる可能性もありますが、お泊りデイではだいたいの場合は正社員が1人から2人で夜勤をしているので、アルバイトは夜勤がないと考えておいて問題ないはずですよ。

NEWS
  • 介護職の仕事内容 介護職の仕事内容

    ひとくちに介護職といっても、働く場所によって仕事の内容は変わってきます。デイサービスでの介護の仕事にはどんな特徴があるのか、どういった働き方が求められるのか、知っておきましょう。

  • デイケアとは? デイケアとは?

    混同されがちなデイサービスとデイケアですが、実は目的にも役割にも違いがあるんです。それぞれの特徴をよく理解しておくことで適切に利用することができると思いますので、ここではデイケアについて見てみましょう。

  • デイサービス(通常介護)とは? デイサービス(通常介護)とは?

    デイサービスとは基本的にどんなものなのか解説しています。デイサービスを利用したいと考えている人は、デイサービスの役割を知ってどのようなサービスを受けられるかを知っておきましょう。

PAGETOP